ビジネスやイベントのために RFID リストバンドへの投資を検討している場合は、投資を最大限に活用するには適切なリストバンドを選択する必要があります。利用可能なオプションが非常に多いため、どこから始めればよいのかわからない場合があります。この実用的なガイドでは、適切な RFID リストバンドを選択する際に考慮すべき重要な要素について説明します。

RFID リストバンドとは何ですか?

RFID リストバンド、RFID ブレスレット、RFID バンド、および RFID タグはすべて、同じ種類のテクノロジーを説明するために同じ意味で使用される用語です。これらのデバイスは、医療、金融サービス、イベント管理など、さまざまな業界でアクセス制御と認証の目的で一般的に使用されています。

RFID リストバンドは、RFID ブレスレットとも呼ばれ、電波を使用してユーザーとその情報を識別するセキュリティ システムとして機能します。これらのリストバンドには、ユーザー データを保存および送信するための集積回路、バッテリー、無線アンテナが搭載されています。これらは、アクセスを制御し、不正な入場を防ぐためにイベントでよく使用されます。

RFID バンドと RFID タグは、アクセス制御と認証の目的でも使用されます。 RFID バンドは通常、手首または足首に装着され、電波を使用してデータを受信機に送信します。一方、RFID タグは、物体や表面に取り付けて追跡および識別できる小型のデバイスです。

これらのリストバンドは、その利便性とセキュリティ機能により、イベントでの人気が高まっています。 RFID リストバンドの価格はリストバンドの種類によって異なりますが、一般にシリコン製リストバンドは紙や布製のリストバンドよりも高価です。 RFID ブレスレットは、スキャナーまたはリーダーを使用してリストバンドに埋め込まれた RFID チップと通信します。イベントに使用される RFID システムは、シリコン、チップ、布地、紙、弾性リストバンドなどのオプションから、必要なリストバンドの種類を決定します。

シンプルで使いやすい RFID リストバンド
シンプルで使いやすい RFID リストバンド

RFID シリコン リストバンドは、その耐久性とカスタマイズ オプションにより人気があります。 RFID チップのリストバンドは、アクセスを制御し、従業員や顧客を認証するために医療および金融サービス業界でよく使用されます。 RFID ファブリックのリストバンドは、長時間の着用が必要なイベント向けの快適で通気性の高いオプションです。 RFID 紙リストバンドは短期間のイベントでは費用対効果の高いオプションですが、RFID 弾性リストバンドは安全で調整可能なフィット感を提供します。

RFID リストバンドは、集積回路、バッテリー、無線アンテナで構成されています。集積回路には、名前、生年月日、医療記録などのユーザーに関する情報が保存されます。バッテリーは、必要に応じてこのデータを送信するためにデバイスに電力を供給します。無線アンテナはこの情報を受信機に送信します。受信機は通常、RFID ブレスレットが必要なエリアの入り口に設置されています。人々がこのエリアに入るときは、手首をスキャナーの上に置く必要があり、スキャナーがデータを受信機に送信し、データベースと照合する必要があります。一致する人がいない場合 (誰かがその空間にいる許可を持っていない場合)、警報が鳴り、警備員に警告されます。

RFIDタグはどのように機能しますか?

RFID タグは、製品や動物に取り付けることができる小型のデバイスです。チップとアンテナが組み込まれており、リーダーの無線信号を受信できます。リーダーは信号を送信し、タグは固有の ID 番号を含むタグ自体に関する情報を送り返します。

最初の RFID タグは、1940 年代に開発されました。 スチュアート・バーグストレッサー マサチューセッツ州の Sylvania Electronic Systems Central Laboratory の所有者で、同社の製造施設内で在庫管理の目的で使用されていました。

最初のコマーシャル RFIDタグの使用 ジレット社が使い捨てカミソリの刃を追跡するためにそれらを使用したのは1991年でした. Levi Strauss & Co. が在庫管理と製品認証に使用し始めた 2005 年に、ファッション業界で初めて使用されました。

RFID タグは、さまざまな業界で使用されています。 小売り、製造、 健康管理、およびセキュリティ。製品や動物に取り付けることができ、その動きをリアルタイムで追跡できます。

関連記事: RFIDタグの内部構造解析

RFID ブレスレットを購入する理由

RFID ブレスレットを使用すると、在庫、勤怠、勤怠、健康データなど、あらゆる種類のものを追跡できます。また、これらを使用して、入口と出口、資産、人/車両を追跡することもできます。

RFIDチップリストバンドによる在庫追跡。 RFID ブレスレットを使用すると、RFID ラベルを製品に添付することで、手持ちの在庫を簡単に追跡できます。従業員が各地域から受け取った各商品をスキャンすると、システムが在庫データベースを自動的に更新するため、いつでもどのくらいの在庫があるかを正確に知ることができます。

RFID ブレスレットによる出席追跡。あなたの会社に、従業員がシフトの開始時と終了時、または勤務時間中の休憩時にスキャンすることを義務付けるポリシーがある場合、この機能は、その期間中に誰がいつどこにいたかを記録するのに役立ちます (制限されているだけではありません)。勤務地へ)。建物や施設内での特定の個人の移動を追跡することが有益である他の理由がある場合にも同じことが当てはまります (エレベーターの使用が思い浮かびます)。

RFID ブレスレットによる健康追跡。これらのデバイスを使用して、EEG センサーや心拍数モニターなどの医療機器またはアクセサリを取り付けることで、従業員の健康状態を追跡できます (これは一例です)。彼らは 1 日を過ごすと、このデータを Bluetooth 経由でリアルタイムで自動的に送信するので、1 日を通してストレスレベルとエネルギーレベルを監視できます。

RFID チップ リストバンドは、必要なものを追跡するのに最適な方法です。仕事でも遊びでも、このテクノロジーが現代の世界で役立つ理由はたくさんあります。

RFID リストバンド キャッシュレス決済

RFID リストバンド キャッシュレス決済は、リストバンドと決済端末の間で電波を使用して通信する非接触型の決済技術です。物理的な現金やクレジット カードが不要なため、取引がより迅速かつ便利になるため、イベント、フェスティバル、遊園地で人気のある支払い方法です。

リストバンドには支払い情報を保存する RFID チップが含まれており、支払い端末がそれをスキャンすると、物理的な接触を必要とせずにトランザクションが処理されます。この技術は「タップアンドゴー」決済とも呼ばれ、その便利さ、スピード、安全性から人気を集めています。

RFID チップのリストバンドは耐久性と耐水性を備えた設計になっており、屋外イベントでの使用に最適です。リストバンドには資金を事前にロードすることができ、ユーザーは必要に応じてリストバンドに資金を追加できます。このシステムを使用すると、ユーザーは自分の支出と取引履歴を監視できるため、支出の管理が容易になります。

コンサートやスポーツイベント、テーマパークなど、さまざまなシーンでキャッシュレス決済に対応したRFIDブレスレットの普及が進んでいます。シームレスな支払い体験を提供し、現金やカードの必要性を排除し、ユーザーと販売者にとって取引をより迅速かつ便利にします。

関連記事: キャッシュレス社会の賛否両論

どのタイプの RFID リストバンドが利用可能ですか?

4 つの絶妙な rfid リストバンド タイプ
4つの絶妙なRFIDリストバンドタイプ

RFID ブレスレットには、さまざまなサイズと形状があります。最も一般的なタイプは次のとおりです。

  • RFID プラスチック製のリストバンド。 これらは織物デザインで、従来のプラスチック ID カードよりも丈夫です。また、防水性があり、極端な温度 (華氏 -40 度から 120 度) にも耐えることができます。ただし、金属や革のオプションほど強度はなく、損傷すると破損する可能性があります。
  • RFID メタルリストバンド。 金属オプション プラスチック製のものより重い。したがって、耐久性は高くなりますが、長時間着用するのは快適ではありません.また、水や極端な温度による損傷を受ける可能性は低くなりますが、保持するためにレーザーで正確に切断する必要があるステンレス鋼やアルミニウム合金などの高品質の素材を使用するため、一般的に他のタイプの RFID リストバンドよりも高価です。時間の経過に伴う形状 — これが、1 ユニットあたり $10 ~ $60 の範囲の価格が表示される理由です (厚さによって異なります)。
  • RFID 革のリストバンド。 革はIDカードのより伝統的なオプションですが、作成にはより多くの時間と労力が必要なため、最も高価なタイプの1つでもあります.ただし、革はファッショナブルで耐久性のあるさまざまなデザインやスタイルに作ることができるため、販促品や企業ギフトなどのブランド商品を通じて自社を売り込みたい企業にとって理想的な選択肢です。
  • RFID ゴム製リストバンド。 ゴムは柔らかく柔軟な素材で、どんな形やサイズにも作ることができます。これは、カスタム印刷された ID カードやキーホルダーを作成するための優れたオプションになります。また、防水性 (一部の例外を除く) と日常のほとんどの活動に耐える耐久性がありますが、極端な温度には理想的ではありません。
  • RFID シリコンリストバンド。 シリコンは柔らかく柔軟な素材で、どんな形やサイズにも作ることができます。これは、カスタム印刷された ID カードやキーホルダーを作成するための優れたオプションになります。また、防水性 (一部の例外を除く) と日常のほとんどの活動に耐える耐久性がありますが、極端な温度には理想的ではありません。

このビデオでは、さまざまな素材で作られた RFID リストバンドの使用方法について詳しく説明します。

さまざまな種類の RFID リストバンド

さまざまな形のシリコン製 RFID リストバンド:

RFIDシリコンバンド

さまざまな形状の布製 RFID リストバンド:

RFID リストバンドを購入する際に考慮すべき要素

セキュリティ

RFID リストバンドの主な利点の 1 つは、セキュリティの強化です。ビジネスやイベントに必要なセキュリティのレベルを検討してください。リストバンドの中には、基本的なセキュリティ機能を備えたものもありますが、より高度な暗号化および認証機能を備えたものもあります。ゲストや顧客の安全を確保するために必要なセキュリティのレベルを決定します。

互換性

選択した RFID リストバンドが既存のハードウェアおよびソフトウェア システムと互換性があることを確認してください。これにより、長期的には時間と費用が節約され、シームレスな統合が保証されます。

耐久性

リストバンドが使用される環境を考慮してください。水、熱、その他の過酷な条件にさらされる場合は、これらの要素に耐えられる耐久性のあるリストバンドを選択してください。

カスタマイズ

会社のロゴや特定のリストバンドのデザインを追加しますか?あなたのブランドを確実に表現できるようにカスタマイズを提供するオプションを探してください。

料金

もちろん、コストは常に考慮すべき要素です。予算を決め、その範囲内でニーズを満たしながらオプションを探してください。

ビジネスやイベントを確実に成功させるには、適切な RFID リストバンドを選択することが重要です。決定を行う際には、セキュリティ、互換性、耐久性、カスタマイズ、コストなどの要素を考慮してください。適切な RFID リストバンドを使用すると、セキュリティを強化し、効率を向上させ、より良い顧客エクスペリエンスを提供できます。


RFID リストバンドを購入する際の注意事項

RFIDリストバンドの価格は?

RFID リストバンドの価格は、リストバンドのサイズと必要なタグの数によって異なります。タグあたりの平均コストは $0.25 ~ $1.00 ですが、これは選択したタグのタイプによって異なります。たとえば、イベント用のカスタム アートワークのデザインと作成には時間がかかるため、カスタム ロゴは標準ロゴよりも高価になります。

RFID チップ リストバンドの価格は、必要な数量によっても異なります。注文するタグの数が増えるほど、各タグの価格が安くなります。たとえば、リストバンドが 1,000 個しか必要ない場合、製造に時間がかかるため、10,000 個よりも高価になります。

関連記事: RFIDシステム分析の総合コスト

RFID リストバンドのカスタマイズ オプション

RFID リストバンドは、さまざまな方法でカスタマイズできます。

  • 色: 多くの企業が、赤や青などのさまざまな色から選択できるオプションを提供しています。
  • リストバンドのメッセージ/テキスト: 自分だけのカスタム RFID リストバンドに好きなものを書き込むことができます。これには、名前や日付 (「ハッピーバースデー ママ」など)、さらには人としてのあなたを表すロゴやブランド名 (たとえば、ハリー ポッターの大ファンである場合など) も含まれます。
  • バンドの製作に使用される素材: カスタマイズされた RFID チップ リストバンドを作成するためのさまざまな素材が用意されています。それらには以下が含まれます:
    • シリコーンゴム(防水)、 
    • プラスチックポリエステル(シリコーンゴムより耐久性は高いが、水に弱い)、 
    • レザー(丈夫でスタイリッシュなデザインに最適)、 
    • 綿や絹などの布地(派手になりたくない方におすすめ)、 
    • 厚紙などの紙の基材 (事前に穴を開けなくても衣服にしっかりとくっつくように、裏に粘着剤が付いていることがよくあります)。
  • バンドのサイズと形状: リストバンドは、円形、楕円形、長方形、正方形など、さまざまな形状から選択できます。サイズは、デザインの種類によって異なります (たとえば、誰かの腕に巻き付けるブレスレットを作成したい場合)。

RFID リストバンドを防水にするにはどうすればよいですか?

RFID ブレスレットを作成したり、オンラインで購入したりする場合、防水のジレンマに直面する可能性があります。

最初のステップは、リストバンドに必要な防水性を決定することです。店舗での使用のみで、頻繁に水に触れない場合は、単純なコーティングで十分です。これを行うために推奨される方法の 1 つは、カスタム デザインの上に粘着ラベルまたはステッカーを使用することです。これにより、湿気から十分に保護され、機能や電波による情報伝達能力に影響を与えることはありません。

リストバンドが湿気の多い環境で頻繁に使用される場合は、ラベルやステッカーを上から貼るだけでなく、シーラントを適用することを検討してください (Liquid Mask 2X のようなものが必要です)。これは基本的な防水機能を超えて、プラスチックなどの素材に置いた場所の表面下の湿気を遮断するため、水泳などを行うときに最適です。それらは、日常活動中の摩擦 (他の表面との摩擦など) などの通常の磨耗要因により時間の経過とともに剥がれるラベルやステッカーではなく、シーラントとして特別に作られているためです。通常の使用中にこれらの素材が緩む可能性はほとんどありません。そのため、定期的な洗浄/クリーニングで長期間にわたって繰り返しさらされた後も、分解することなく長持ちします。」

関連記事: 防水 RFID タグは本当に防水ですか?

ギフト カードの裏面にステッカーが貼られている場合、NFC 対応デバイスでギフト カードを使用できますか?

RFID ギフト カードを携帯電話で使用したい場合は、裏面のステッカーを剥がすことを検討したかもしれません。考えられるプロセスは、ステッカーがなくても、携帯電話がギフトカードのタグを読み取ることができるということです。

これは事実ですが、ステッカーを剥がすことでギフト カードが NFC 対応デバイスで機能するようになるわけではありません。理由は簡単です。ステッカーは、タグから情報を読み取るときにエラーを引き起こす可能性のある他のソースからの干渉を防ぐためのシールドとして機能します。このシールドを削除すると、タグから情報を読み取る際にエラーが発生する可能性があります。これは、互いに近くにあるタグ (ウォレット内にあるタグなど) の間に十分なスペースがないためです。

ギフト カードが NFC 対応デバイスで確実に機能するようにする最善の方法は、ステッカーをそのままにしておくことです。ギフト カードからステッカーを剥がす必要がある場合は、次の点を知っておく必要があります。

  • 金属ハサミでステッカーを取り除かないでください。 これにより、カードが損傷し、タグから情報を読み取るときにエラーが発生する可能性があります。
  • ステッカーをはがした後、ギフト カードに跡が残らないようにしてください。
  • ギフト カードからステッカーを剥がしたい場合は、除光液または消毒用アルコールを使用してみてください。 ギフトカードの一部に再び触れる前に、必ず手を洗い、乾燥させてください。
  • ギフト カードからステッカーを剥がした場合、カード上の情報の一部は保護されなくなることに注意してください。 これは、NFC 対応のデバイスを持ち、個人情報を欲しがる泥棒に盗まれる可能性が高くなることを意味します。

RFID ブレスレットはセキュリティと不正防止にどのように使用されていますか?

RFID ブレスレットは、いくつかのアプリケーションに使用されます。個人の身元を確認し、在庫とイベントへの出席を追跡し、混雑した場所 (コンサートなど) で人々を追跡し、病院のスタッフが患者を追跡するのを支援することさえできます。 RFID リストバンドの機能は、アプリケーションごとに異なります。それでも、基本的な前提は同じです。ID カードやバッジを使用して従業員、イベント参加者、または患者であることを証明する代わりに、身分証明書を手首に装着します。

RFID ブレスレットの最も一般的な用途は、Amazon や Walmart などの大企業での従業員の識別です。つまり、店舗に足を踏み入れたときに、クレジット カードをスワイプしたり、ドライバーの身分証明書を見せたりして、最初にフロント デスクに立ち寄る必要はありません。探している部門を伝える前にライセンスを取得するか、誰かを中に入れる前に自分の ID バッジをスキャンしてもらいます。 

このプロセスにより、従業員はバッジを 1 日中持ち歩く必要がなくなります。これは、手首に取り付けられた 1 つの小さなプラスチック片にすべてがデジタルで記録されるためです。

RFID チップ リストバンドには他にも多くの用途があります。企業がそれらを使用する一般的な場所の 1 つは、スポーツ スタジアムです。オンラインでチケットを購入する際に、RFID チケットを印刷するか、電子メールで送信するかを尋ねられることがよくあります。これは、すべてが接続されているため、スタジアムに到着したときにチケットを忘れる心配がないことを意味します。

入場するためにチケットを提示する必要があるコンサートやその他のイベントについても同様です。紛失や盗難の可能性がある物理的なチケットの代わりに、RFID ブレスレットを使用すれば、 代替として使用.これは、イベントに 1 人で参加していて、立ち入りが許可されていないエリア (コンサートに参加している子供など) に立ち入ることを望まない場合に特に役立ちます。

RFID リストバンドは何回使用できますか?

RFID リストバンドは、何度でも再利用できます。ただし、使用回数はリストバンド内の RFID タグによって異なります。 1,000 ~ 10,000 回の使用サイクルを持つタグもあれば、100 サイクル程度しか持続しないタグもあります。

たとえば、100 万サイクル用に設計された RFID タグを使用していて、ゲストがイベントを離れるときにリストバンドを家に置いたままにしておくとします。そうすれば、誰かが自分のバンドを忘れるたびに新しいバンドを購入するのではなく、サイクル数の少ないバンドに交換するのが理にかなっています!

RFID リストバンドは離れた場所から読み取ることができますか?

RFID ブレスレットは離れた場所から読み取ることができますが、使用しているタグとリーダーの種類によって異なります。ほとんどの RFID タグはパッシブです。つまり、バッテリーのような内部電源がありません。代わりに、リーダー デバイスからの電波を使用して電源を入れ、電磁界にエンコードされた自身に関するデータを送信します。

これらのタグを読み取ることができる範囲は、タグ付けされたアイテムのサイズなどの要因によって異なります (アイテムが大きいほど、信号を送信するための表面積が大きくなります)。また、通信に低周波または高周波 (HF) 電波を使用しているかどうか (HF の方が容量が大きい)。会場で使用しているリストバンドの種類を知る最も簡単な方法は、そこで働いている人に聞くことです。

リストバンドが 1 回限りの使用である場合、それらはどのくらい持続しますか?

RFID リストバンドは以下のために設計されています。 1回限りの使用, しかし、これは1年か2年しか持たないという意味ではありません。一部の種類の RFID リストバンドは、リストバンドの品質やお手入れ方法によっては、何年も何十年も使用できます。中には何世紀、何千年も続くものもあります。

何百万年、何十億年も長持ちする RFID チップのリストバンドが必要な場合は、次のヒントに従ってください。

  • 水中では着用しないでください。
  • 水泳中に RFID ブレスレットを着用していると捕まらないようにしてください (これには水中に入ることも含まれます)。
  • リストバンドを暖炉、オーブン、電子レンジなどの熱源に近づけないでください (注: これにより、所有物とあなた自身の両方に永久的な損傷を与える可能性があります)。
  • リストバンドをナイフやハサミなどの鋭利なものから遠ざけてください (これにより、ブレスレットやあなた自身への損傷を防ぐことができます)。放射線レベルの高い場所ではリストバンドを着用しないでください (これにより、所有物とあなた自身の両方に永久的な損傷が生じる可能性があります)。
0 コメント
インラインのフィードバック
すべてのコメントを見る